Loading
予告編
アカデミー賞主演女優賞受賞『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』マリオン・コティヤール

マイ・エンジェル

8/10(sat)全国順次ロードショー

愛し方が分からない母と、愛されたことのない娘。手探りで紡ぎ上げる、二人の愛の形とは。

イントロダクション

アカデミー賞女優マリオン・コティヤールが新人女性監督の脚本に魅了されて挑んだ、世界から取り残された母と娘の痛切な愛の物語

 2007年の『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でフランス人女優としては49年ぶりのアカデミー賞主演女優賞を受賞し、名実共に世界的なスター女優となったマリオン・コティヤール。その後もジャック・オーディアール監督の『君と歩く世界』、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督ダルデンヌ兄弟の『サンドラの週末』、グザヴィエ・ドラン監督の『たかが世界の終わり』などで傑出した演技力、存在感を示し、出演作を厳選することでも知られるコティヤールが、異例と言うべき未知の新人女性監督とのコラボレーションに挑んだ。写真家として長らく第一線で活躍してきたヴァネッサ・フィロのオリジナル脚本に心奪われたオスカー女優が、渾身の役作りで“母親”というキャラクターを体現した必見の一作、それが『エンジェル・フェイスマイ・エンジェル』である。

 南仏コート・ダジュールのシングルマザー、マルレーヌは、8歳の娘エリーを“エンジェル・フェイス”という愛称で慈しみ、気まぐれなその日暮らしの生活を送っていた。しかし酒癖の悪さがたたり、結婚相手の男性との関係が破綻したマルレーヌは、厳しい現実から逃れるようにエリーの前から姿を眩くらましてしまう。アパートに置き去りにされたエリーは、ヴァカンスの季節が過ぎ去った街を危うげにさまよい、海辺のトレーラーハウスに住む孤独な青年フリオに「パパは知らない。ママはいなくなった」と打ち明ける。やがて自分を取り巻くこの世界の残酷さを知り、行き場を失ったエリーは、突然舞い戻ってきたマルレーヌを拒絶して衝撃的な行動に走るのだった……。

 

夏が過ぎゆく南仏コート・ダジュールを舞台に、行き場を失った母娘の絆の崩壊と再生をエモーショナルに紡ぎ上げた映像世界

 地中海に面した風光明媚なリゾート地として有名なコート・ダジュールを舞台にした本作は、そのきらびやかな世界の片隅にぽつんと取り残され、迷子のように彷徨するひと組の母娘の物語。幸せのありかはおろか、自分たちの居場所さえ見つけることのできないマルレーヌが、母親であることの責任に耐えかねて現実から逃避していく姿を描出。そして、このヒューマン・ドラマはどことなく大人びた少女エリーの好奇心と不安が揺らめく視点で語られ、その繊細にしてスリリングな映像世界は観る者の胸を締めつけずにおかない。依存症や育児放棄といったリアルな社会問題を取り込みながら、人間の優しさと脆さ、愛の尊さと痛み、傷ついた母娘の絆の崩壊と再生を紡ぎ上げたエモーショナルな一作である。

 ヴァネッサ・フィロ監督が「非常に現代的な女性でありながら、どこか時代を超えたヒロイン」と形容するマルレーヌに扮したマリオン・コティヤールは、劇中では一切描かれていないヒロインの“過去”への想像をふくらませ、感情の振れ幅の大きな難役と一体化していった。天使のように美しい我が子を想いながらも、愛し方のわからないマルレーヌの矛盾した言動を演じきったパフォーマンスには、涙ぐましい感傷をはるかに超越した迫真性がみなぎっている。

 もうひとりの小さな主演女優エイリーヌ・アクソイ=エタックスは、本作のにおける驚嘆すべき発見と言えよう。エリーの年齢設定と同じく撮影時8歳だったこの子役は、フィロ監督がキャスティングに何ヵ月も費やして発掘した逸材。親に捨てられた“哀れな少女”の役どころを大人顔負けのハードボイルドな風情で演じ、母親への眼差しの複雑さ、過酷な世界を生き抜く強さをも表現してみせたエイリーヌに、「彼女は賢くてアーティストの魂を持った、とても魅力的な女の子」とコティヤールも賛辞を惜しまない。

 また、フィロ監督は少女時代にクシシュトフ・キェシロフスキ監督、ジュリエット・ビノシュ主演の『トリコロール/青の愛』を観て衝撃を受け、映画監督を志したという。満を持しての長編デビューとなった本作では、ヴィジュアリスト、ストーリーテラーとしての両面で遺憾なく豊かな感性を発揮し、コティヤールに「素晴らしい才能の誕生」と言わしめた。そんなフィロ監督のリアリズムと夢幻性が入り混じる世界観を、コート・ダジュールの光と影を多面的に捉えて映像化した撮影監督は、『アーティスト』でアカデミー賞撮影賞にノミネートされた名手、ギヨーム・シフマンである。

ストーリー

 南仏、地中海沿岸のコート・ダジュール。シングルマザーのマルレーヌ(マリオン・コティヤール)は、浜辺にほど近いアパートで“エンジェル・フェイス”と呼ぶ8歳の愛らしい娘エリー(エイリーヌ・アクソイ=エテックス)とともに暮らしていた。そんなマルレーヌが純白のウェディングドレスに身を包み、人生で最も晴れやかな日を迎える。不器用だが誠実でハンサムな男性ジャン(ステファン・リドー)と恋に落ち、迷うことなく結婚式を挙げたのだ。ところがいつもの悪癖で酒をあおり、気が高ぶって我を見失ったマルレーヌは、結婚披露パーティーの真っ最中、ジャンに“不適切な現場”を目撃され、ようやくつかんだ幸せは幻のように消え失せてしまう。エリーはその日、美しい母親が無様に壊れゆく姿を、ずっと黙りこくって見つめていた。

 定職に就かず、何事にも気まぐれで突発的に行動するマルレーヌの生活は、すでに行きづまっていた。ソーシャルワーカーが調査にやってきた際には賢いエリーの機転によって切り抜けたが、スーパーマーケットへ買い物に行くとクレジットカードが使用不能になっていた。ヴァカンス・シーズンが過ぎ去った夏の終わり、新学期が始まった学校にエリーを送り届けると、扇情的なファッションで他の親たちの好奇の目にさらされる。それでも何とか生活をたて直そうと職業安定所に足を向けるが、未練がましくジャンに電話をかけても彼はもう応答してくれない。

 自宅のベッドで無気力にふさぎ込むようになったマルレーヌは、土曜の夜、気晴らしにエリーを連れてナイトクラブに繰り出した。そして、そこで出会った新しい男と意気投合し、「これからどこへ行くの?」と問いかけるエリーをひとりでタクシーで帰宅させ、そのまま忽然と姿をくら眩ましてしまう。

 マルレーヌは男と消えたまま、帰ってこなかった。アパートに置き去りにされたエリーは、ひとりで寝起きして学校に通うようになる。学校では万聖節に上演する演劇の配役が発表され、エリーは人魚の役を演じることになるが、クラスメートの子供たちから異端視されている彼女は、「エリーは変な子。酒クサいんだ」とつまはじきにされるはめに。

 学校を無断欠席するようになったエリーは、街で不良どもにからかわれているところをフリオ(アルバン・ルノワール)に助けられる。フリオは海辺のトレーラーハウスで暮らしている青年で、エリーとマルレーヌの部屋の向かいに住むアルベルトの息子だ。エリーは心臓を病んで高飛び込み競技を断念し、わけあって家族と断絶したフリオに親しみを覚え、フリオもまた「パパは知らない。ママはいなくなった」というエリーの言葉に耳を傾けていく。それはこの世界で孤立し、心に傷を抱えた者同士の魂の共鳴だった。そんなある日、酔いつぶれて溺死した何者かの遺体が浜辺に打ちあげられ、エリーはマルレーヌの存在を葬るかのように、唯一の友だちである同級生アリスに「ママは死んだ」と告げるのだった。

 やがてマルレーヌが無人のアパートに帰ってきた。エリーこそはかけがえのない心のよりどころだと思い知ったマルレーヌは「……エンジェル・フェイス!」と叫び、必死にあちこちを捜し回る。その頃、行き場を失ってさまよっていたエリーは、危ういところをフリオに救われ、マルレーヌは愛する娘との再会を果たす。

 しかし、自分を捨てた無責任な母親との絆を断ち切ることを決意したエリーは、頑なにマルレーヌを拒絶する。そして万聖節の演劇が催される当日、人魚のコスチュームをまとったエリーは衝撃的な行動に出るのだった……。

キャスト

マルレーヌ MARION COTILLARD マリオン・コティヤール

マルレーヌ MARION COTILLARD マリオン・コティヤール

 1975年、パリ生まれ。舞台俳優の両親のもとで育ち、オルレアンの演劇学校で演技を学ぶ。アルノー・デプレシャン監督の『そして僕は恋をする』(96)の小さな役などをこなした後、フランスで大ヒットした『TAXi』シリーズ(98-03)に主人公ダニエルの恋人リリー役で出演したことで広く知られるようになった。ティム・バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』(03)でハリウッド進出を果たし、『ロング・エンゲージメント』(04)ではセザール賞の助演女優賞を獲得した。

 そしてフランスの国民的歌手の波乱に満ちた生き様を渾身の演技で体現した『エディト・ピアフ~愛の賛歌~』(07)で、フランス人としては史上2度目、またフランス語の演技でアカデミー賞を受賞した初の俳優となった。同作品では、ゴールデングローブ賞助演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)、セザール賞の主演女優賞などにも輝き、一躍世界的なスター女優となった。それ以降の活躍は目覚ましく、『NINE』(10/ロブ・マーシャル監督)でゴールデングローブ賞主演女優賞、放送映画批評家協会賞助演女優賞にノミネート。『君と歩く世界』(13/ジャック・オーディアール監督)でゴールデングローブ賞、セザール賞、英国アカデミー賞、全米映画俳優組合賞主演女優賞にノミネート。『エヴァの告白』(14/ジェームズ・グレイ監督)で全米批評家協会賞主演女優賞受賞、NY批評家協会賞女優賞受賞。『サンドラの週末』(14/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督)でヨーロッパ映画賞女優賞受賞、アカデミー賞主演女優賞受賞、放送映画批評家協会賞主演女優賞、セザール賞主演女優賞にノミネート。
そのほかの主な出演作は『TAXi』シリーズ(98-03)、『プロヴァンスの贈りもの』(07/リドリー・スコット監督)、『パブリック・エネミーズ』(09/マイケル・マン監督)、『インセプション』(10/クリストファー・ノーラン監督)、『コンテイジョン』(11/スティーヴン・ソダーバーグ監督)、『ミッドナイト・イン・パリ』(12/ウディ・アレン監督)、『ダークナイト・ライジング』(12/クリストファー・ノーラン監督)、『マクベス』(15/ジャスティン・カーゼル監督)、『マリアンヌ』(16/ロバート・ゼメキス監督)、『たかが世界の終わり』(16/グザヴィエ・ドラン監督)、『愛を綴る女』(16/ニコール・ガルシア監督)など。

インタビュー INTERVIEW

初監督作である本作になぜ興味を持ったのですか?
仕事も受けず、脚本も読まないオフの期間を過ごしていたときに、エージェントから電話がありました。「絶対に読んだ方がいいプロジェクトがある。とても良く書けていて、シンプルで力強く、ここ数年読んだ中で一番素晴らしい脚本だ」と。私は興味を持ち、読んでみたら本当に素晴らしかったのです。ですから、監督のヴァネッサに会うことを決めました。彼女はこの企画に魅了され、映画にしなければという差し迫った思いがその目に表れていました。これはまさに、私が監督に求める条件だったのです。
娘を置いて出ていくという母親役にどのようにアプローチしたのですか?
娘を置いていくのは考えられないような話かもしれません。けれども私には周囲や心の中の混乱が彼女を出ていかせ、子供を放置することにつながったと理解することができました。去って二度と戻ってこない人もいることの方が私には理解しづらいです。子供が産まれると人生が一変します。大きな責任が生じ、自由の意味が変わるのです。耐えきれずに逃げ出したいと思う母親の気持ちは私にも理解できます。
マルレーヌは輝いているときもあれば、暗く沈んでいるときもあります。娘を深く愛していながらも逃げ出したいという欲求にもかられています。
彼女はとても子供っぽい人間で、娘以外に愛するものがありません。突然、ひどい孤独感に苛まれ、自分の周りの美しいものをすべて壊してしまうのです。これは、愛されるのに値しないと思っている人の典型だと思います。彼女は出会った素敵な男性と深く考えずに関係を持ちます。幸せになる資格などないと自分に言い聞かせています。恐らく幼い頃に大切に扱われることがなかったため、大人になってからも幸福や美に値しない人間だと思いこんでいるのです。そんな彼女が子供を持ち、導き、無償の愛を注ぐ側になったとき、とても複雑な状況が生まれます。私たちが彼女を批判できない理由がそこにあります。彼女の愛の欠乏や周りを見ようとしない状況は、遠い過去に原因があるのです。きちんと周りを見ていれば、娘が自分を欲していることに気づくはずです。娘を車に押し込んだときに、娘の叫びを聞き、母親を欲している様子に気づいたかもしれません。けれども彼女はそんな風に自分を見つめることができず、人に対してもそのような目を向けることができません。これが子供を置きざりにするロジックなのです。
エイリーヌとの出会いはいかがでしたか?
ヴァネッサが貴重な真珠のような子を見つけてくると確信していました。けれど、エリーのような役を力強く自然に演じられる8歳の女の子を見つけるのは大変なことです。スクリーンテストのときに初めて会いましたが、彼女の瞳には激しさと静かな強さが宿っていました。演じることが好きで、キャラクターを演じるのを楽しんでいるようで本当に感心しました。彼女は賢くてアーティストの魂を持ったとても魅力的な女の子なのです。
監督の演出方法について教えてください。
彼女はそれぞれの人物を明確に理解していたので、素晴らしいアドバイスをしてくれました。彼女には優しさと強さ、そして強い決意がみなぎっていました。さらに、エイリーヌを指導しているときの様子に私は魅了されました。2人の間には緊張感と親密さがあり、まるでボクサーとコーチがゴングの鳴る前に真っすぐ見つめ合っているような感じでした。けれども、そこには荒々しさではなく、優しさがありました。ヴァネッサは現場で目に見えない泡で、たった2人だけの世界を作ります。そして、話をしながらエイリーヌの頭や体に入り込み指示を出しているかのようでした。とても感動的な光景でした。ヴァネッサには力強い世界観と執筆と撮影の素晴らしいセンスがあり、さらに演出においても非常に優れた才能の持ち主です。
この作品から得たものは?
素晴らしい監督の誕生。幸運なことに、今まで多くの才能あふれる監督と仕事をしてきました。そんな監督たちは私を突き動かし、予定を変更してまで1人のアーティストの表現を全力で手助けしたいと思わせてくれます。これは役者として、私が愛する作業なのです。

スタッフ

監督:ヴァネッサ・フィロ

監督 DIRECTOR VANESSA FILHO ヴァネッサ・フィロ

1980年生まれ。映画専門のバカロレアに合格したあと演出を学び始め、役者の仕事をより深く理解するために演劇の勉強をする。19歳のとき初の中編「Primitifs」を監督し、パリの映画館MK2ボーブールで上映される。その後、ミュージッククリップや、ドキュメンタリー、ライブショーの監督など映像作家として、主に音楽の世界で活躍。それと並行して、写真家やミュージシャンとしても活動するなど、多方面で芸術的な才能を発揮してきた。長編映画デビューとなる本作が、第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されるなど高い評価を受ける。

インタビュー INTERVIEW

どのようにして映画の世界に入ったのですか?
子供の頃から、いつもビデオカメラやカメラに映像や写真を収め、演出について考えていました。13歳のとき、クシシュトフ・キェシロフスキの『トリコロール/青の愛』を観て衝撃を受けました。ヒロインを演じたジュリエット・ビノシュに文字どおり雷に打たれたのです。何日間も自分の部屋にこもって、この作品に不可欠なズビグニエフ・プレイスネル作曲のレクイエムを聴き続けました。この映画が私にもたらした感情のすべてを手放すことができなかったのです。このとき私は、脚本を書いて監督になりたいと決心しました。映画に恋をしたのです。ジョン・カサヴェテスの『こわれゆく女』、『オープニング・ナイト』、フランソワ・トリュフォーの『隣の女』、ケン・ローチの『FAMILY LIFE』(未)、『レディバード・レディバード』、今村昌平の『赤い殺意』、アニエス・ヴァルダの『5時から7時までのクレオ』といった作品を観るたびに、監督になりたいという気持ちが確かなものになっていきました。
『マイ・エンジェル』の出発点は?
この作品は愛についての物語です。愛情を激しく揺さぶられ、喪失し、ヒロインであるエリーを自立させるに至るあらゆる感情について語られています。それと同時に、再生の物語でもあります。なぜなら彼女は、ひどい不安にかられるほどの試練を受けましたが、それに耐え抜き、生きる能力や再生する力を示したのです。
エリーについて最も感動的なのは、自分の痛みと生きるための大きな欲求を共存させている点です。マルレーヌについて最も心が動かされるのは、彼女の無力さ、壊れやすさ、判断力や希望を失った姿です。彼女は混沌とした苦しみにむしばまれ、この世界で自分の居場所を見つけられないでいます。自分自身を十分に愛することができず、幸福を迎え入れ、娘により深い愛情を注ぐことができないのです。したがって、これらの感情をはっきりと示さなければなりませんでした。先ほどお話ししたように、この映画はフィクションです。けれどもそこにある感情は、私にはとてもリアルに感じます。私自身も長い間、見捨てられるかもしれないという非合理的な恐怖と闘ってきたのです。
これは成長や通過儀礼について、そして運命について語られた作品です。エリーはわずか8歳ですが、自分自身を解放し、世界で一番愛している母親を捨てようとします。自分だけの価値観を再構築し、自分の運命に従ってフリオを選び、幸福をつかみ取ろうとするのです。
マルレーヌという女性像はすぐに形作られたのでしょうか?
素晴らしいことに、私たちはマルレーヌという人物を描くのに、割と早い段階で感情や反応、身ぶりをもとにした彼女の表現の形を定めることができました。マリオンは決して限界を定めない人です。出演が決まった瞬間から全身全霊を捧げてくれました。彼女はマルレーヌという人物について大きな愛情と理解をもって語り、深く共感してくれていて感激しました。マリオンと信頼関係を気づくことができたおかげで、私たちはダイレクトに余すことなく感情を表現することができました。彼女の身体からは心の動揺や感情、不安、疑念、諦めが漂っていました。私にとっての挑戦は、それぞれの場面で生じる彼女の本能や反応、感情をどのようにとらえるかでした。彼女は素晴らしい感性を持っています。彼女が現れると場の空気が一変し、その存在が集中と緊張感を生み出します。狙いやわざとらしさもない、とてもシンプルで自然な演出ができるように導いてくれたことに深く感謝しています。
エリーのキャスティングについて教えてください。
エリーのイメージは私の心の中で描かれた個人的なものなので、どういう少女を探していたかを描写するのは難しいことです。キャスティングには何か月もかかりました。エイリーヌが現れたとき、彼女の中にエリーがいると感じました。エリーに彼女なりの特徴を与えてくれただけでなく、彼女自身から生じる力強さや自立心、自由さを加えてくれました。現場でみんなから“エンジェル・フェイス”と呼ばれていたこの小さな女の子は、まさに“奇跡”でした。非常に成熟した感性と知性で役を演じてくれました。撮影では、わずか8歳にしてエリーの感情を表現し、受け入れることができていました。実際にはたくさんの人に囲まれ、愛され、陽気でユーモアにあふれ、エリーとは程遠いタイプの女の子ですが、寛大かつ勇ましい心でエリーの気持ちを理解していたのです。
あなたはマルレーヌにとても温かなまなざしを向けています。
観客には、エリーが母親に注ぐまなざしの先に、マルレーヌは自分のできることをやっているということ、そして彼女の深い苦悩、憂鬱を感じて理解してほしいと思っています。エリーに関する彼女の行動に意図はなく、何も計画的に考えていません。そこには、マルレーヌの指標のなさが表れています。カメラがエリーの視点を通してではなく、マルレーヌだけを映しているときは、観客はエリー自身、彼女の置かれた状況、孤独、行動ににじみ出ていること、彼女の将来や運命を決定づけるものについて新たな視点を持つことができます。その一方で、母と娘という2人の共通点にも気づくことになります。映画が進むにつれてこの類似が徐々に効果を及ぼしてくるのです。